アジアの極上リゾートホテルを厳選してご紹介します。
厳選!極上のアジアンリゾートホテル
TOP > インドネシア > インドネシア バリ島 > Baliのリゾートホテル

Bali Resort Hotel

バリ島のリゾートエリア

バリ島は緑の渓谷から白砂のビーチまで幅広いリゾートを選べます

バリ島は愛媛県ほどの小さい島ですが、インドネシアを訪れる観光客の80%はバリ島に集中しています。

それはバリ人のホスピタリティー、文化芸術の面白さに起因する様ですが、最も大きな理由は素晴らしいリゾートが数限りなくある事でしょう。

リゾートエリアは大きく5つのエリアに分かれます。

20世紀前半ヨーロピアンが初めて訪れ脚光をあび、バリ観光のメッカとなった「ウブドゥ」
漁村が残り、古くからのバリの様子が味わえる「ジンバラン」
故スハルト大統領の発案で誕生した「ヌサドゥア」
20世紀中頃からジャカルタの富豪がこぞって別荘を建て、2次大戦後日本の賠償金で建てた高層階のバリビーチホテルをきっかけに、中小のリゾートがオープンした「サヌール」
昔はマジックマッシュルーム、今はオシャレなブティックが建ち並ぶ「クタ」
クタ地区には北へのびる、「レギャン」「スミニャック」さらに
レンタルヴィラのオープンが続く新興地区「クロボカン」をエリアとしてまとめています。

それぞれのエリアに特徴があるので、比較してみてください。


より大きな地図で Bali を表示

Ubudエリアの特徴

Ubud Hotel

Ubudバリ島全体に言える事ですが、小さな川でも橋の上から覗くと驚くほど深い谷になっています。
標高200mのウブドゥは谷間に沿ってリゾートが点在し、対岸の緑が目に痛いほどです。
アジアで田園風景が一番美しいのもウブドゥでしょう。
有機農法が主流で、水田に放たれたアヒルの大群が餌をついばむ姿はノスタルジックです。

UbudエリアのホテルUbudエリアのホテルへ

Kuta Seminyakエリアの特徴

Kuta Seminyak Hotel

Kuta SeminyakKutaの大通りは近年バイクと自動車の交通量が極限に達し、渋滞による騒音が日常的ですが、一歩ガン(バリの小路)を入れば喧噪から解き放たれた静寂がもどります。
ガンを散策すれば、きっと貴方の趣味に合った格安のリゾートを発見できるでしょう。
ただそんな暇も時間もなく安全重視と買い物オンリーの旅をしたい方は、このWebに掲載されたリゾートを参考にしてください。

Kuta SeminyakエリアのホテルKuta Seminyakエリアのホテルへ

Jimbaranエリアの特徴

Jimbaran Hotel

Jimbaranあまりショッピングに興味がなく、山より海が好き。そして少しはバリらしさを味わいたい。
そんな要望にはジンバランの宿泊をお勧めします。
90年代までは空港際に大きな魚市場があり、私もそこで漁師や鮮魚を撮影したものです。
早朝の青物市場(パサール)は今でも活気があります。
ビーチは夕方からイカン バカール(シーフードバーベキュー)の屋台で大変な賑わいを見せます。

JimbaranエリアのホテルJimbaranエリアのホテルへ

Nusa duaエリアの特徴

Nusa dua Hotel

Nusa duaクタから2車線のバイパスを30分ほど南下するとでヌサドゥアです。
このエリアは、80年代 故スハルト大統領が観光の振興を唱えブランドホテルを多数誘致しました。
今でも部屋数300ほどの大型ホテルが多く見られますが、バリのトレンドはあくまでブティック系リゾートなので団体専用のイメージは払拭できません。
むしろ近くのブノアやウルワツに面白いリゾートが多い様です。

Nusa duaエリアのホテルNusa duaエリアのホテルへ

Sanurエリアの特徴

Sanur Hotel

Sanur昔からジャカルタの富豪がヴィラを構えた閑静なエリアです。
食事も買い物も適度な間隔で店があり、タクシーも簡単に捕まります。リゾートの料金も他に地域に比べ低めの設定になっています。
その理由は古い3星クラスのリゾートが多いため、ウブドゥやセミニャックと比べると話題になりにくかったものと思われます。
むしろ安価で質の高いリゾートが多いお勧めのエリアです。

SanurエリアのホテルSanurエリアのホテルへ