アジアの極上リゾートホテルを厳選してご紹介します。
厳選!極上のアジアンリゾートホテル
TOP > ベトナム > ベトナムのリゾート

ベトナムのリゾート

ベトナム
より大きな地図で Vietnam を表示

ベトナム

首都ハノイへは、成田から空路5時間(ホーチミン約6時間)ほど。以外と近い事に驚く。

ベトナムというと海の蒼さは期待できない先入観があるが、決してそんな事は無い。
人が入った形跡のない無垢のビーチが随所にある。

そしてその近くには必ずパステルカラーでペイントされた漁村が点在し、遠目には「ここはどこ、え、トルコ/ギリシャ、漁船の形はアジアだね、そうだベトナムへ来てたっけ」の様な会話が交わされても不思議ではない(中部以南のベトナムのビーチ)

またフエやホイアンは、嘗ての王宮や街並が世界遺産に登録され、見所が多くビーチと抱き合わせて楽しむ事ができる。

部屋数が300-500以上の大型リゾートは、3星以下が各地にあるが、国内客向けで英語が通じない
日本人の利用は中小のブティック系が主流、近年ベトナムの4星クラス以上は90年代と比べ、語学の能力やスタッフサービスがたいへん良くなった事も嬉しい。

Evason Ana Mandara & Six Senses Spa Resort

Evason Ana Mandara & Six Senses Spa Resort

エヴァソン・アナ・マンダラ & シックス・センシズ・スパ

場所は中部ベトナムのニャチャン。
ベトナム王朝建築の特徴を生かしたホテルデザインや、ブッフェにローカル色豊かなベトナム料理を配したり、その後誕生するリゾートの先駆けとなった。

趣きあるヴィラはこのホテルがオープンした後、振興リゾートがこぞって真似をし、以来ベトナムのヴィラ デザインのイメージが定着するきっかけとなる。

Evason Ana Mandara & Six Senses Spa ResortEvason Ana Mandara & Six Senses Spa ResortEvason Ana Mandara & Six Senses Spa Resort

La Residence Hotel & Spa

La Residence Hotel & Spa

ラ・レジデンス・ホテル・アンド・スパ

世界遺産を擁する古都フエはハノイから空路1時間、ベトナム最後のグエン王朝のバオダイ帝が1945年退位した場所でもある。

2005年幾多の戦火を経た建物は、部屋数122のアコーブランドのホテルとして甦る。
そして宿泊はアールデコやコロニアルな建築がお好きな方には、特にお勧め。

ベトナムに現存する6軒の本格的フレンチ コロニアル(築後ホテルに改装も含む)の1つ。

La Residence Hotel & SpaLa Residence Hotel & SpaLa Residence Hotel & Spa

Life Heritage Resort Hoi An

Life Heritage Resort Hoi An

ライフ・ヘリテージ・リゾート・ホイアン

フエ同様、世界遺産に指定されたホイアンはフエから車で2時間の距離。

19世紀の街並が残る旧市街の外れにライフ・ヘリテージ・ホイアンは位置している。外観はコロニアル建築だが、2008年オープンの新築。
どの場所に立っても同じ景観は無い素晴らしいランドスケープ。レストランからはトゥポン川の眺めが良い。
私のレーティングは5星、こんな素敵なホテルがWeb予約で1万強、泊まらぬ手は無い。

Life Heritage Resort Hoi AnLife Heritage Resort Hoi AnLife Heritage Resort Hoi An

Life Wellness Resort Quy Nhon

Life Wellness Resort Quy Nhon

ライフ・ウェルネス・リゾート・クイニョン

ダナンとニャチャンの中間にあたる静かな地方都市がクイニョン、最近ホーチミンからのアクセスが便利になった。

ホイアンのヘリテージ ホテルと同じ系列だがこちらの方がウェルネスを重視したコンセプト。

レストランでは新鮮なシーフードが味わえる。
クイニョンは内陸にチャンパの遺跡、海辺には無垢なビーチと素朴な漁村が点在し見所は多い。

Life Wellness Resort Quy NhonLife Wellness Resort Quy NhonLife Wellness Resort Quy Nhon

Pilgrimage Village

Pilgrimage Village

ピルグリメージ・ビレッジ

このホテルのコンセプトは、静かな村で過去を再発見すること。それが巡礼者(Pilgrimage)となって自分を解き放つ。
ちょっと宗教じみた事に思えるが、実際に宿泊した感想は全く違う。

例えば素晴らしい工房や、レストランの料理、本格的なベトナムの田舎家(宿泊棟)を持ちながら、インフォメーションは極めて控えめ。「スパもありますよ」くらいで、行ってみてビックリするほど本格的なエスニック スパがあったりする。

Pilgrimage VillagePilgrimage VillagePilgrimage Village

Six Senses Hideaway Ninh Van Bay

Six Senses Hideaway Ninh Van Bay

シックス・センシズ・ニンヴァンベイ

シックスセンシスが展開する7軒のハイダウェー カテゴリーの中で、このニンバンベイ(ニャチャン)が最も隠れ家(ハイダウェー)という呼び名に相応しい。

釘を使わず伝統的ベトナム工法で建てられたというヴィラは、初代G.M.のTJ氏によると建築当初重機も入らずスタッフ総出での人力でヴィラやレストランを組み上げたとのこと。

ビーチの両端に突き出た岬には、自然石を生かしたスイートルームがあり、泊まらなくても必見。

Six Senses Hideaway Ninh Van BaySix Senses Hideaway Ninh Van BaySix Senses Hideaway Ninh Van Bay

The Nam Hai

The Nam Hai

ザ・ナム・ハイ

バリのクラブ・アット・ザ・レギャンなどで知られるGHM・ホテルズが、2007年ホイアン近くにオープンさせた高級リゾート。

ここでは特にスパをお勧めしたい。ラグーンに浮かぶ個室で受ける施術は、リゾート内でブレンドされたアロマオイルを使い指圧の要素も取り入れた即効性のあるもの。

ランカウイのダタイや各国のチェディーホテルを知るGHMファン、そしてハネムーナーにお勧め。

The Nam HaiThe Nam HaiThe Nam Hai