アジアの極上リゾートホテルを厳選してご紹介します。
厳選!極上のアジアンリゾートホテル
TOP > 撮影ログブック > 2011 > ビーチリゾート撮影プーケット編 ep.2 その4

LogBook

PHOTO SHOOTING @Phuket, Thailand

タイでとても和む習慣


1_MMA9133.jpg

早朝メイさん一行を見送ったあと、
今日から私のアテンドをするG.M.秘書のスーさんに、スケジュールの確認をしてもらうと
スペシャルリクエストでスタッフの顔写真というのがある。

それはなんじゃらほい?
”そんなの自分の馬鹿チョンカメラで撮ればいいじゃん”と思ったが、
スーさんは「G.M.が日本から<フェマス フォットガファー>がきたので是非撮ってくれ」とのこと。

仕事ならしょうがないと納得する。

そしてレセプション撮影の後にスタッフの顔写真を撮る羽目になった。

私は過去アジアのリゾートを500軒ほど体験(ホントです)しているが、
ホリデイインは初めての滞在。

はっきり言ってブティック系の好きな私は、
メジャーの画一的なリゾートは、全く興味が湧かなかったのである。

ところがピピのホリデイインに来て驚いたのは、スタッフの質の高さだ。

特にF&B(主にレストラン)の対応(食事も飽きない)がとても良い。

3_1000804b.jpg

そしてガーデナーまでが愛想良く挨拶する。

また施設的にそれほど新しくないが(レセプションなどの建築は2002年タイ建築家協会賞を受賞)、
古さを感じさせないメンテの良さ(コテージの清潔さ)、
なによりもスタフが生き生きと働いている事が、とても嬉しく思えた。

4_MMA8282b.jpg

午前中、最後の仕事はビーチフロントコテージのインテリア撮影。

タイリゾートおはこのバスタオルで作った白鳥がベッドのド真ん中に鎮座しているが、
タイ人と日本人は感覚が違うと理解する。

それよりもベッドのコーナーにセットされた花飾りの美しさに目を奪われる。

ハネムーナー用のセッティングだというが、
庭の花はさほど多くないので、毎朝プーケットから送らせるそうだ。

部屋の担当マネージャーはさっきロビーの横で写真を撮った00さん。
いかにも花を愛でそうな優しそうな風貌だった。

5_MMA8713b.jpg6_MMA8708b.jpg

午後も酷暑の中(3月からタイは暑気に入り5月くらいまで一番暑い季節)
いくつかの撮影をこなし、
午後3時の一番暑い時間帯ににタイ料理教室を撮る。

レストランのテラスにあるサラー(東屋)に行ってみると、
すでに山盛りの素材とシェフが待っていた。

そこへドミニク(G.M.)が現れて、モデル役のオージーのカップルを紹介される。

そこではシェフの指導のもと、トムヤムクンを作って試食する段取り。

いざ撮影となると、私の下手な米語ではシェフもカップルもえらく表情が硬い。

人の心のほぐし上手なSさんが帰ったのはとても痛く、
改めてタイに於ける女装の麗人?(男)キャラの偉大さを思い知らされた次第です。

8_MMA9506b.jpg

酷暑の一日、陽が落ちてち涼しさを感じる頃、
レストランではディナー ブッフェの支度で忙しい。

一日付き添ってくれたスーさんがオフィスに帰ると
ワイ(手を合わせ相手を拝む仕草)をするので、私もワイを返す。

タイに来てとても和むのはこの「ワイ」だ。

特に自分より目上の人には必ずこれをする習慣があり、
日本人ならだれでも気持ちよく感じる事だろう。

9_MMA8395b.jpg

ところで仕事はまだ終わっていない。

マジックアワーを待ってレストランのインテリア、エクステリアなどを撮影の予定。 

ビーチリゾート撮影プーケット編 ep.2 その4

タイ プーケット

Holiday Inn PhiPhi (Koh PhiPhi)

2011/Feb.